海洋生態系工学研究室

前へ
次へ

研究について

海洋の環境や生態系と調和した食料・エネルギー資源利用技術に関する研究を行っています。流体力学をベースとして、浮体式構造物の運動、安全性、および構造物と生態系との相互作用を明らかにするために、水槽実験、数値解析、現地実験を組み合わせた研究を実施しています。特に、柔軟構造物の運動解析や生物の水槽実験技術に注力しております。これらの手法を実海域での実験によって検証しています。

当研究室が関わった"実海域実験装置"たち

  • 可変深度型生簀:生簀の深度を自由に変える

    一般的に用いられる高密度ポリエチレン枠の生簀と中間フロートを用いて、生簀を鉛直方向の任意の位置に設置する可変深度型生簀を開発しました。鉛直方向の水質のリアルタイムモニタリング結果に対応して、中間フロートの浮力を調節して生簀の深さを変化させる係留システムについて、宮城県女川で実証実験を行いました。

  • 太陽光―無人エコシップ・ソーラーボート―

    太陽光をエネルギー源とするエコシップを作りました。持続可能な低炭素社会に向けた学生たちの始めの一歩です。2018年の「びわ湖クルース・ソーラーボート大会」で船が転覆したこともありましたが、日々の準備と努力で優勝しました。
     ?? 工学系研究科システム創成学専攻の授業(システム創成学特別演習3A/3B)の一環として行われました。

  • 可撓性ホースを用いた浮沈式生簀

    ポリエチレン枠で構成される一般的な生簀を対象として、可撓性ホースへの給排気によって生簀を確実に浮沈させることができます。宮城県女川での実証実験によって、水温の低い深度10〜20m付近でギンザケを養殖することができ、養殖期間の長期化と出荷調整に成功しました。

  • 波エネルギーを収穫して乗り心地が大幅に向上する小型船の実現

    波エネルギーを吸収して乗り心地を大幅に向上させた小型船を世界に先駆けて開発しました。波エネルギーの吸収と乗り心地の向上を同時に実現し、必要に応じてその割合を変えることができます。エネルギー消費削減が求められている漁船、揺れの抑制が重要な作業船、プレジャーボートなどに広く応用されることが期待されます。

  • 段階注水式浮沈式生簀による高波対策

    高密度ポリエチレンパイプ内部の空気と水を段階的に交換することによって、大型生簀を確実に浮沈させる技術を開発しました。台風襲来時の高波等の対策に活用されるものと期待されます。

ページのトップへ戻る